〜〜歩行楽の色々な機能について〜〜

  • 2009/01/31(土) 18:58:59



歩行楽」は、低周波がサポーターの電極シートに伝わり、
「ほぐす」「もむ」「つかむ」の3つの治療モードで、
膝周辺の筋肉から神経を気持ちよく治療していきます。

さらに、5段階で強さが調整できるから、
その時の痛みに合わせた治療をする事ができます。


歩行楽
は、病院や治療院向け商品にも採用されている周波数を採用しています。
これは、ハリ治療やリハビリの際の筋力アップにも使われる
「直角波」という周波数で、快適な刺激で安全性が高い治療波なんです。

*「直角波」とは、刺激作用が強く、また電流量が適度で
安全性の高い波形で、ヒザに理想的な治療を施します。

この低周波治療により、血行を促進させ、ツラい膝の痛みを緩和することが出来るんです。
さらに、電池式なので外出先にも簡単に持ち出せるので、
どこでもお手軽に低周波治療を行うことが出来るんです。


今までの低周波治療器は
「粘着パッドにホコリがつく」
「替えパッドは高い」などの悩みがありました。

歩行楽は「巻く」サポータータイプなので、ベタベタ不快な粘着パッドは不要なんです。

そのおかげで年間約2万円もの粘着パッド取替え費用が不要となり、消耗品は電池だけ!!
電池代は、ひと月約250円です。



どうですか?歩行楽。

お手軽で、治療費も始めの購入代金のみ!!
なのに、病院で使用されている低周波で治療が出来る!!

ね!?ご興味わきませんか?
もし、興味を持たれたようでしたら、是非1度お試しを!!



→「歩行楽」の詳細はこちらから〜♪